任意保険

gf1120107985w自動車には強制的に加入をしないといけない自賠責保険と、任意で加入する任意保険とがあります。自賠責は最低限度の補償しかなされないのに対して、任意は加入者側の意向によってどのような保険に加入するのも任意です。つまり加入者が自分で決定できます。

一般的に自賠責だけでは万が一大きな事故の際には補償が不十分なために、任意にも加入することが一般的です。こちらでは昔は高額で普通乗用車でも年間に5万円程度支払うのが当たり前でした。

しかしながら時代は変わり、外資系の保険会社がこの分野にも参入をしてきて、しかもインターネットの爆発的な普及によりネットを通じて申し込みができるタイプの保険が一気に普及してきていることによって、保険勧誘員の人件費の削減などができるようになったため、保険料が安く抑えられるようになってきています。

こうしたことから、かつては任意のものには加入をしていなかった人たちの一部が加入をするなど、万が一に備えた行動をとるようになってきています。また、企業などに勤務する人には、自動車の運転に関して制約を設けているところもあります。

その一つがこの保険への加入義務です。保険に加入していない場合には、自動車の運転を控えるようにといった指導をするところも現れています。

Comments are closed.